トップへ » 当院の5つのこだわり » 症例集 » 大人の症例 » 1.過蓋咬合

1.過蓋咬合

過蓋咬合症例

主訴:
咬むと痛い歯がある。
診断名:
過蓋咬合
初診時年齢:
29才10ヶ月
装置名:
マルチブラケット装置 非抜歯にて治療

治療前:
咬みあわせが深く下の前歯があまり見えなくなっています。
咬みあわせる力も強く、くいしばりによる奥歯の痛みや肩こりなどが認められます。
治療後:
咬みあわせを浅く調整しました。奥歯の痛みは消え、肩こりなども楽になりました。

治療期間:17か月
費用:約78万円
 
考えられるリスク・副作用:
う蝕、歯肉炎がありますが、発生しませんでした。


トップへ » 当院の5つのこだわり » 症例集 » 大人の症例 » 1.過蓋咬合