トップへ » 当院の5つのこだわり » 装置の種類 » 大人の矯正装置の例

大人の矯正装置の例

透明なブラケット+ミニクリッピー(歯列矯正用アタッチメント)
装置の種類
主に永久歯列(すべて大人の歯になった後)に使用します(部分的に使用する場合もあります)。 奥歯には、摩擦が少なく歯の移動が速いセルフライゲーションブラケットを、前歯には透明なプラスティックブラケットを使用します。治療の進行に伴いブラケットを付け替える際の痛みがほとんどないため、患者さんには楽な装置です。


審美性の高いクリッピーC
装置の種類
前歯にも審美性が高く、かつ歯の移動の速いセラミック製セルフライゲーションブラケットを使用します。


白く目立たないブラケット+ゴールドワイヤー
装置の種類
白く目立たないブラケットにゴールドワイヤーを使用します。光に対する人の歯の反射に馴染む色の組み合わせとされています。


白く目立たないセラミックブラケット+白いワイヤー
装置の種類
白く目立たないセラミックブラケットに白いワイヤーを使用します。審美性にこだわった装置のため、日本人の歯とよくなじみ、同化します。


目立たないミニクリッピーL
装置の種類
歯の裏側(舌側)の装置です。従来は歯の表側の装置に比べると調整に時間がかかり、治療期間も大幅に長くなっていましたが、セルフライゲーションタイプのものが開発されてきたため、以前よりは歯の移動が速くなりました。(適用できるかどうか、患者さん毎に良く検討する必要があります。)


マウスピース型矯正装置
装置の種類
固定式の装置を着けることなく、マウスピースを交換していくことにより、歯を移動できる場合があります。(歯の移動様式に限界があるため、適用できるかどうか、患者さん毎に良く検討する必要があります。)


床矯正装置(プレート)
装置の種類
着脱式で、食事するとき以外に装着します。写真は、矯正治療後の歯の位置を安定させる期間に使用する保定装置です。
ネジやスプリングを付加することにより、簡単な歯の移動も行うことができますが、本格的な矯正治療を行うことはできません。

「床矯正装置」は、矯正治療の一手段です。この装置だけで矯正治療を行うという方が最近多くなってきましたが、残念ながら「床矯正装置」は大雑把な歯の移動しか出来ません。
この装置だけで治療しようとする、いわゆる「床矯正」を専門医は行いません。あくまで補助的、限局的治療用とお考えください。


トップへ » 当院の5つのこだわり » 装置の種類 » 大人の矯正装置の例