トップへ » 当院の5つのこだわり » 治療の流れ » 5. 治療開始

5. 治療開始

装置を装着し矯正治療を開始します。患者さんによって違いはありますが、クリニカルパス(治療の行程表)に従い、節目毎に再評価をいれながら1~3年程度、矯正装置を装着していただきます。

抜歯が必要な場合
症状からどうしても抜歯を検討する必要がある場合も、歯を抜くことで得られるメリットとデメリットや状況を慎重に見極めたうえで判断します。抜歯をするには適した時期があるため、治療の経過を見ながらタイミングを決めていきます。


お子さんの場合
これから旺盛な成長・発育を見せる子供の時期には、上下の顎の関係を是正することができるのが大きなメリットの1つです。また、正常な成長発育を妨げるような歯並びや咬みあわせは、早期に問題解決をはかることを計画します。(外科的矯正治療を除く)


矯正治療中で大切なこと
矯正治療は定期的に歯の状態を確認し、適切な装置の調整を行うことがとても重要となります。そのため、固定式の装置を入れている患者さんには必ず3~4週間に一度程度の通院をお願いしています。

次


トップへ » 当院の5つのこだわり » 治療の流れ » 5. 治療開始


コールバック予約

PAGE TOP