トップへ » 当院の5つのこだわり » 高精度な検査体制 » 【咬合力測定装置】咬合力の大きさや前後左右のバランスを算出

【咬合力測定装置】咬合力の大きさや前後左右のバランスを算出

咬合力測定装置(GC OCCLUZER 709)により、咬合力の大きさや前後左右のバランスなどの問題点を明らかにすることができます。

歯並びや噛み合わせに問題があると、食物を噛むときなどに筋肉により発揮される力(咬合力:こうごうりょく 噛み合わせたときに上下の歯の接触する部分にかかる力)に影響が出ます。

顎口腔機能解析装置や咬合力測定装置で噛む機能をチェックすることで、噛み合わせや咀しゃくの問題点を浮き彫りにすることができます。


おおむねよく噛んでいる人の解析結果の一例
高精度な検査体制
赤く着色しているところが噛み合わせた際に接触して力がかかっている部分です。赤の十字は計算された噛み合わせの重心です。やや左に寄っているのが分かります。


開咬の患者さんの解析結果の一例
高精度な検査体制
奥歯で噛み合わせたときに、前歯が噛み合わさっていない不正咬合の患者さんの解析結果です。噛み合わせた際に接触している部分が非常に少なく、咬合力も小さい値となっています。


トップへ » 当院の5つのこだわり » 高精度な検査体制 » 【咬合力測定装置】咬合力の大きさや前後左右のバランスを算出


コールバック予約

PAGE TOP