トップへ » 当院の5つのこだわり » 装置の種類

大人の矯正装置の例

透明なブラケット+ミニクリッピー
装置の種類
主に永久歯列(すべて大人の歯になった後)に使用します(部分的に使用する場合もあります)。 奥歯には、摩擦が少なく歯の移動が速いセルフライゲーションブラケット(GACミニクリッピー)を、前歯には透明なプラスティックブラケットを使用します。治療の進行に伴いブラケットを付け替える際の痛みがほとんどないため、患者さんには楽な装置です。

審美性の高いクリッピーC
装置の種類
前歯にも審美性が高く、かつ歯の移動の速いセラミック製セルフライゲーションブラケット(GAC クリッピーC)を使用します。


白く目立たないブラケット+ゴールドワイヤー
装置の種類
白く目立たないブラケット(DENTSPLY SANKIN クリアブラケット)にゴールドワイヤー(DENTSPLY SANKIN SUSワイヤーゴールド)を使用します。光に対する人の歯の反射に馴染む色の組み合わせとされています。


白く目立たないセラミックブラケット+白いワイヤー
装置の種類
白く目立たないセラミックブラケット(InVu)に白いワイヤーを使用します。審美性にこだわった装置のため、日本人の歯とよくなじみ、同化します。


目立たないミニクリッピーL
装置の種類
歯の裏側(舌側)の装置です(GAC ミニクリッピーL)。従来は歯の表側の装置に比べると調整に時間がかかり、治療期間も大幅に長くなっていましたが、セルフライゲーションタイプのものが開発されてきたため、以前よりは歯の移動が速くなりました。(適用できるかどうか、患者さん毎に良く検討する必要があります。)


マウスピース
装置の種類
固定式の装置を着けることなく、マウスピースを交換していくことにより、歯を移動できる場合があります。(歯の移動様式に限界があるため、適用できるかどうか、患者さん毎に良く検討する必要があります。)


床矯正装置(プレート)
装置の種類
着脱式で、食事するとき以外に装着します。写真は、矯正治療後の歯の位置を安定させる期間に使用する保定装置(リテーナー)です。
ネジやスプリングを付加することにより、簡単な歯の移動も行うことができますが、本格的な矯正治療を行うことはできません。

「床矯正装置」は、矯正治療の一手段です。この装置だけで治療しようとする、いわゆる「床矯正」を専門医は行いません。あくまで補助的、限局的治療用とお考えください。

子どもの矯正装置の一例

機能的顎矯正装置(F.K.O.・アクチベーター・アクチバトール)
装置の種類
主に成長期の患者さん自身の咀嚼筋(そしゃくきん:顎を動かすために活動させる筋肉)の力によって歯を動かしたり、顎の成長をコントロールして、骨格性の問題を解消する装置です。成人の患者さんの治療でも一部噛み合わせの深さのコントロールなどのために使用する場合があります。(取り外し式で、主に就寝時に使用。)

 
バイオネーター
装置の種類
主に成長期の患者さん自身自身の咀嚼筋(そしゃくきん:顎を動かすために活動させる筋肉)の力によって歯を動かし、歯列を拡げたり顎の成長をコントロールして、骨格性の問題などを解消する装置です。歯列を拡大する効果もあります。(取り外し式で、主に就寝時に使用。)


緩徐拡大装置(クワドヘリックス)
装置の種類
歯の裏側の針金を徐々に調節することにより比較的ゆっくり歯列を拡大する装置です。(装着期間は6か月~1年程度)成長期の患者さんだけでなく、成人の患者さんにも使用できます。(固定式)


急速拡大装置(R.P.E)
装置の種類
2週間~1か月の間、毎日ネジを回すことにより、左右の奥歯を支えにして上顎骨を拡大する装置です。(装着期間は3か月程度)床矯正装置などでは難しい、骨からの拡大を確実に行うことができます。通常、成長期の患者さんに使用します。(固定式)

カテゴリー一覧

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

トップへ » 当院の5つのこだわり » 装置の種類


コールバック予約

PAGE TOP