«  2010年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年10月 8日

閲覧して下さっている皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

10月に入って、秋らしい爽やかな日が続いていますね。
今年の猛暑の名残か、まだ暑いな~と感じる時もありますが。

世田谷区歯科医師会では、10月23日(土)に、
三軒茶屋キャロットタワーにて、恒例の
「歯っぴいフェスタ」を開催します。

http://www.setagaya-da.or.jp/topics/index.html#3

ためになる講演会や、骨密度測定サービスなどなど、
楽しくて健康作りのお役にたつイベントが沢山です!
是非とも遊びにいらしてくださいね。
私も公衆衛生委員として現場に出ています。

さてさて、今日は秋の酒の肴にもってこいの、
いくら醤油漬の作り方をご紹介します。
実は超簡単なので、お試しいただきたい一品です。

1.鮭の生筋子を買ってくる。

なるべく太いものがよい。(いくらにすると案外少ないので)

筋子をぬるま湯(お風呂よりぬるいくらい)に浸け、
やさしく指で繊維をほぐすようにして卵をバラバラにする。
これを水洗いして、ザルにあけておく。

2.つけダレ(というかは不明)を作る。

好みでいろいろあると思いますが、私の場合は、
生醤油3:日本酒1であわせ、これに出汁用昆布
(4センチ角くらいで十分)と
荒削りの鰹節(後で取り出しやすいように)を少々入れる。

これにいくらを投入して、ラップして冷蔵庫に入れ、
一晩漬ける。
昆布は入れっぱなしにすると、どんどんヌルヌルが強くなるので
明くる日には取り出す。

ikura1.jpg

出来上がり。

酒の肴に、どんぶり飯に、最高なのでございます。

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ひさの矯正歯科・院長 久野昌隆

ひさの矯正歯科
院長 久野昌隆
http://www.hisano-ortho.com/

【学歴・職歴】
昭和63年
長崎大学歯学部卒業 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第1講座専攻生過程入学(三浦不二夫教授)
平成4年 医員 採用
平成8年 文部教官 助手 採用
平成10年
卒後教育担当(矯正歯科 ~平成13年3月まで)
平成12年
医局長 (~平成14年3月まで)
平成12年
東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校 非常勤講師 併任
平成13年
東京医科歯科大学歯学部附属歯科衛生士学校 非常勤講師 併任
平成14年 講師 昇任
平成14年
卒後教育担当(矯正歯科 ~平成16年3月まで)
平成15年
矯正歯科外来 外来医長 (~平成19年3月まで)
平成17年
矯正歯科外来 副科長  (~平成19年3月まで)
平成18年 助教授 昇任
平成19年 准教授
平成20年 東京医科歯科大学 退職
平成20年11月
ひさの矯正歯科 開設