«  2010年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年8月19日

閲覧して下さっている皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

お盆休みも過ぎ、そろそろ平常通りに戻られる頃でしょうか?

まだまだ東京は暑い日が続くようですが、
そんな中、夏休み期間を利用し、
夫婦で断食に参加してきました。
断食と云っても、2泊3日で、
軽く野菜ジュースやスープくらいは入れるのですが。

会場は都内のホテルです。
参加者は12~13人。
セレブな感じの方や、健康にコダワリのある
女性が多かったようです。

集合当日は普通に食事して来ることに
なっていたようですが、気合入りすぎの我々は
参加当日の朝から食事を抜いて会場に向かい、
夜には既に結構な腹減りモードでした。

基本的にはホテルの部屋に缶詰めになることで、
食の誘惑から隔離されることによって
断食を成功させるという企画です。
ホテル内のフィットネスクラブや
スパ(天然温泉付き)は使いたい放題なのですが、
ほとんどの時間は部屋で読書でもして過ごすことになります。
それでも、プランの中に入っている
ウォーキングのレッスンや、
気功と太極拳体験(初めてで、何が何やら・・・)
アンチエイジングと食事療法の専門医によるセミナー
と質疑応答の会などは、なかなか楽しくタメになるものでした。

読めずにいた本を読み、好きな時に寝て、
ゆったりと夏休みを過ごすことが出来ました。
新鮮な発見は、テレビの番組やコマーシャルに、
食べ物に関する企画や情報が非常に多いということ!
普段、気にも留めていないのですが、
空腹状態では、いちいち目に入ってくるようです。
それでも、大した辛さも感じることなく、
2日半の断食は終了しました。
体重が減るのは代謝が変化した後からということで、
2キロ少々の減少でしたが、アルコールも飲まないので
肝臓も久方ぶりに休めることが出来ました。
(こっちのほうが私には重要)
スグに体重を落としたいなら、
断食道場みたいなところの1週間コースがオススメですね。

一晩明けた今日も、胃が小さくなっているのか、
然程食べたいという欲求はありません。
このままの状態が暫く続き、体重を落とせればよいのですが・・・
烏山には美味しい食べ物の誘惑も多くて。

夏休みも終わり、また仕事に励みたいと思います!

2010年8月14日

世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

皆さん、お盆で帰省されたりなさっているでしょうか?

久しぶりの実家や地元の料理を頂けるのは嬉しいですよね。

私は、都内出身、半分は九州で育ちました。
今、実家は調布の深大寺なので帰省する感覚はありませんが、
夏のうちに一度は実家に帰りたいと思っています。

nichinichi2dai.jpg

手前に見えて青々とした葉を付けている
2代目の日々草が花を付けました。
その向こうに見える、2009年のゴールデンウィークに
植えた1代目は早くから花を付けています。
茎が太く、枝分かれをして冬の風雨にも耐えました。

それぞれに、今年の台風シーズンを迎える前に
根をしっかりと張ってほしいと願っています。

閲覧して下さっている皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

暑いですね~。明日からまたお天気が回復するようです。
ひさの矯正歯科は明日から8月18日まで
夏休みをいただきます。休み明けには、
休み中のイベントなどについてご報告したいと思っています!

 
さて、先週、矯正装置を撤去した患者さんが
いらっしゃいましたので治療についてご紹介します。

00002AMIGI.jpg00002AHIDARI.jpg

矯正治療前右側面と左側面

デコボコは軽度ですが、かみ合わせが深く、
下の前歯が上の歯に隠れているのがわかります。

ご本人としては、歯ならびよりも、
噛むと右の奥歯が痛いことを心配されていました。

00002prefP.bmp

治療前の咬合力(こうごうりょく:噛む力のこと)の診査結果
(GC社プレスケール®・オクルーザーによる)

歯列に合わせて噛む力が発揮されていること
を示していますが、900N(約90キロ)を超える
強い力であることと、痛い右の奥歯により強い力が集中し、
十字で示す力の重心が右(画面では向かって左)に
偏っているのがわかります。

そこで、かみ合わせと奥歯の痛みとの関連性を調べるために、
矯正治療を始める前に、上あごにマウスピースを作って
寝る時などに使っていただくことにしました。

00002NIGHT1.jpg

これがそのマウスピース。
薄いプラスティック素材で歯にピッタリ合うように
作られています。
これを使っているときは噛む力が直接歯にかからなくなります。

使用1か月後のご本人の感想として、
マウスピースを使用していると右の奥歯の痛みがない、
使わないとまた痛くなってくる。
とのことで、その他、噛んだときの歯の動揺(歯が揺れること)
が大きいこともあり、右の奥歯に大きすぎる咬合力
がかかっていると判断しました。
(これを外傷性咬合:がいしょうせいこうごう、と云います)

そこで、歯列を拡大して一つ一つの歯を並べなおしながら、
難しい課題ではありますが、
咬合力を歯列全体に分散することを目標に、
矯正治療を開始しました。

00002WTYPE1.jpg

上あごの歯列を拡大する装置(W型拡大装置)

00002KEIKA1MIGI.jpg00002KEIKA1HIDARI.jpg

下の歯列も拡大しています。
噛んで強く当たるところを、当たらなくなるように
調整しながら並べていきます。

00002preg1P.bmp00002preclic1.bmp

左:拡大開始後の咬合力。
まだ右(画面では左)に偏っているものの、
上下の接触する面を減らすことにより
全体的な力が小さくなってきています。
右:調整を繰り返すことにより、治療前とは逆に
左(画面では右)に咬合力が偏ってきている。

00002KEIKA2MIGI.jpg00002KEIKA2HIDARI.jpg

上あごにもブラケットを付けて細かい調整を行っています。

IP.bmp

装置を撤去することを決定した日の咬合力。
重心が真ん中に位置しており、
ご本人も特に当たりが強すぎるところはない、
とのことでした。

00002RETMAE.jpg00002RETMIGI.jpg00002RET1HIDARI.jpg

装置を撤去した状態。
デコボコもなくなり、かみ合わせが浅く
仕上げられているのがわかります。
装置をいれていた期間は17ヶ月でした。
細かい調整を要する治療としては
短い期間だと思います。

00002RETSOUCHI1.jpg

デコボコが戻らないようにするためと、
かみ合わせが深くならないようにするために、
マウスピースを即日お作りして、
使っていただくことにしました。
元のようにかみ合わせが強くなりすぎると、
噛んだときに痛みが出たり、歯が弱ってしまいます。
また、歯茎の骨が減少してくると、
強い咬合力に耐えられなくなって
かみ合わせが崩れてくることが心配されるためです。


おめでとうございます秊

良い歯ならびとバランスの取れたかみ合わせを
満喫していただきたいと願っています!
今後は、後戻りが起きないよう、マウスピース
(リテーナー)をよく使って下さいね。

当院では、この患者さんのように、見た目の問題だけでなく、
かみ合わせなどの機能を改善する治療にも力を入れています。
今後もより良い診断・治療ができるよう、
日々努力していきたいと思います。

※写真についてはご本人様の承諾を得て掲載しております。

2010年8月13日

閲覧して下さっている皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

昨日、東北地方に台風が上陸しました。

関東は大丈夫かと思って、九十九里に行きましたら、
お日さまはあまり出ないし、台風の影響か
凄い風で、砂浜は砂嵐状態。
濡れた体でいるとすぐに雪ダルマならぬ砂ダルマに(^^;
そそくさと退散してきました~。

今日は、八間通りの名店第3弾!

今回はスウィーツです!

甘いもの食べるんだっけ?と突っ込まれそうですが、
ご挨拶などに持参するお遣い物が
ワンパターンにならないように、
こう見えても(どう見えているのか?)
地元烏山の菓子店はかなり試しています。

八間通りで代表的な菓子店のひとつが
地元では有名なキャトルセゾン。
(そんなに沢山菓子店があるわけではないのですが。)
八間通りを烏山から南へ2分くらい行って
世田谷信用金庫を過ぎた左側にあり、
ひさの矯正歯科のセミナールームから見えます。
ここもあまり目立たぬ外装のため、
通り過ぎてしまいそうになります。

ケーキは全般的に、丁寧に作られていて
美味しいと思います。
パティシエ(と云うのかな?)の真面目な人柄が
想像できる感じです。
お遣い物用に数をまとめて注文すると、
店先のテーブル席に座らせてくださり、
紅茶を淹れてくれたりします。

なかでも有名なのが、モンブラン。
モンブランって、普段あまり食べないのですが、
ここのは評判通り、初めて食べた時は
ちょっと驚きの美味しさ、なんです。

kyatoru1.jpg

キャトルセゾンのモンブラン 1個420円。
ちょっと高い?でもそれだけのことはある。

お店で注文してから作り始めます。作り置きはありません。
昔ながらの鰻屋さんみたい?

お店としては1時間以内に食べてほしいみたいです。
それはちょっと難しいですが。
倒さないようにそ~っと持ち帰ります。

kyatoru2.jpg

中はこんな感じ。甘さが抑えられ、本物の栗の香りがする
ペーストがグルグル巻きの中は生クリームです。
これも砂糖控えめで、牛乳の香りのするフレッシュなものです。
土台(って云うのか?)はサクサクのメレンゲです。

kyatoru3.jpg

これを三位一体(正しい表現か?)にしていただきます。
(お店の人が美味しい食べ方として推奨)
トロ~リなクリームとサクサクのメレンゲの食感
が絶妙にマッチしていて美味しいですよ~。

一度お試しあれ。

2010年8月 9日

エノテカ・クラフトは、八間通りを
烏山から祖師谷方向へ1~2分歩いた先、
斜めに交差する石畳の道を右に入ったところに、
隣家の樹木に隠れて人目をやや避けるかのようにある。

木造りに白い漆喰塗の壁が馴染む内外装は、
南欧の片田舎の民家を彷彿とさせ、
どこか初めての客にも親近感を与えているようだ。

ここは環八も跨いだ世田谷の西の外れにありながら、
本格的なイタリア料理を食べさせると評判の店だ。
私がこの地にクリニックを開設した翌年の
2009年の新年会でお世話になったが、
リーズナブルな料金で、前菜からデザートまで
十分に納得のいく味とボリュームであった。

今回は、昼に独りで伺った。
やや背の高いカウンター席に座る。
ランチタイムのメニューでもハズレることがないので、
客人が来た時には良く利用しているのだが、
独りでは勿体無い気もするので、
しょっちゅう伺っているわけではない。

客席の奥にある厨房には本格的な石窯が備えられており、
したがって店としては、ピザに前菜と飲み物が付いた
セットがお薦めのようだ。
しかし、昼飯にピザとは、なんとなく物足りなく、
いつも私はパスタのセットを注文してしまう。
今日は、数種類の中から「小柱と青梗菜のクリームソース」
のパスタにした。

ENOTEKA2.jpg

まずは、前菜のセットが運ばれてくる。
枝豆の冷たいスープ・リゾット風のお米のサラダ・
イタリア風の南蛮漬に生野菜。
どれもサッパリとした味付けと食感で、
真夏の今でも食欲を増してくれるものだ。
これと一緒にスプマンテを頼み、
夏バテの五臓六腑に染み亙らせる。
いや、未だお昼なのだ・・・我慢我慢。

ENOTEKA1.jpg

程なくしてパスタがやってきた。
ここのクリームソースには、
香のしっかりあるチーズも混ぜられており、
卵黄こそ入っていないがカルボナーラのような
濃厚な風味となっている。
対して具は小柱と青梗菜、
麺は茹で時間ドンピシャのアルデンテなので、
夏に相応しいスッキリとした味わいで美味しかった。

腹の出た中年男に食後のデザート(今日はガトーショコラ)
はパスだが、エスプレッソが十分な香りと苦味で、
本格的なものであった。

勘定を済ませて店を出るまで、
接客態度も行き届いたエノテカクラフトである。
次回は夕焼け時に伺い、
薄皮パリパリ生地のピザと共に
キンキンに冷えたスプマンテを
是非とも頂こうと決めた

2010年8月 7日

皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

暑い暑いと一日に何回も言ってしまいますね。

昨年は冷夏でしたが今年は本当に夏らしい夏です。

当院の内外装を施工して下さった
後藤横浜事務所の皆様のご高配で、
内外装の修繕をしていただきました。

事務所の皆様、施工業者の皆様、
誠にありがとうございました。

ooninngu1.jpg

オーニング(テント)を風でヒラヒラしないように
固定していただき、さらに文字を太く目立つように
していただきました。

sain2.jpg

透明なアクリル板のベースに「ひさの矯正歯科」の文字
を張り付けてもらいました。センスが良くなったうえ、
悪戯もされにくくなったと思います。
(「ひ」や「さ」の文字を折られたりすることがあったのですが)

プチ改装と言ってもいいかもしれません。

気持ちを新たに診療できそうです。

2010年8月 3日

久しぶりの更新になってしまいました。
いつも閲覧して下さっている皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

今年の夏は暑いですね!
夏らしいのは大好きです。
今年は既に九十九里に2回行きましたよ。
本当はもっと南国へ・・・無理かなあ。

さて、皆さん、八間通り(はちけんどおり)をご存知ですか?
ご存じなわけないですよね。
八間通りは、千歳烏山駅から南にエルモール商店街を抜けた後、
祖師谷方面へ向かい榎(えのき)という交差点まで続く
約1キロ程の長さの真っ直ぐな通りです。
グーグルマップで見ると本当に一直線なので
妙に感心したりします。
ちなみに八間通りの北の端にひさの矯正歯科はあります。
もっと長い(烏山より北から成城より南までとか)通り
になる計画だったのかもしれませんが、
今はこれ以上延びる感じがしませんね。
というわけで結構閑散としていることが多く
なっているのですが、実は最近、この八間通りに
密かに(では困りますが)イケてる飲食店が
増えてきているのです。
そのうち、雑誌の特集にならないかな~と期待しています。
雑誌にとり上げられるより先に、
地元の自己紹介の冊子とか自主的に作ると
いいのではないかと思ったりもしていますが。

これから少しづつ、八間通りの名店をご紹介したいと思います。
第一弾の今日は、「とんかつ睦巳(むつみ)」さん。
以下、食道楽のエッセー風

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「とんかつ睦巳(むつみ)」は以前よりあり、
地元ではファンも多かったのだが、
4か月ほど前、ご主人が若い料理人に替わった。
息子さんかと思ったが血縁関係はないらしい。
店は八間通りを烏山から南へ3分程下った左側にある。
目立ち難いところは以前のままであるが、
代替わりを機に改装され、以前より少しは明るく
入り易い雰囲気になっていた。
8席程のカウンターしかない狭い店内だが、
清潔感のある質素な造りで好感が持てる。

今回は真夏日の暑い昼時に伺った。
席に着き、出された冷たいお茶を飲みながら
さて何を注文しようか、
お世辞にも豊富とは云えない品書きを見ながら迷った。
ここの名物は何と云ってもヒレカツにつきると思う。
脂分の少ない極上のヒレ肉を、時間をかけて
(恐らくは20分以上)揚げた後、
さらに時間をかけて油切りをする。
油切りされている、つまり、揚げられた後
置きっぱなしのカツを眺めさせられる時間が
尚更にジレったく、食欲が一層そそられるという寸法だ。
ここのヒレカツを食すと、
「やっぱり揚げ物とは蒸し料理だ」と再認識させられる。
サクサクの衣に包まれて、
低温でじっくりと蒸しあげられたヒレ肉は、
油切りに十分な時間をかけた後でもアツアツで、
噛むほどに旨味が凝縮された肉汁が
たっぷりと口内に拡がるのだ。
そして箸でも切れる柔らかさである。
これで2,000円は本当にお得だと思う。
新しいご主人が、若いながらもこだわりのある料理人
であることがよく理解できる。
前回はこのヒレカツを堪能したが、
そのボリュームも十分過ぎるほどであるため、
夏バテ気味の今日はチキンカツにすることにした。
蛇足だが、かのエリック・クラプトンも
日本のとんかつ屋のチキンカツが大好物だそうな。

ヒレカツよりはやや早く揚がったチキンカツは、
やはり十分に油切りされた後、
香の物、御味御汁、小鉢を添えられ、
たっぷりと盛りつけられた千切りキャベツと共に
皿に盛られて供された。

CHIKENKATU1.jpg

チキンカツ お昼のサービス価格 1,000円也。

まずは、そのボリュームに驚く。
二人前かと見紛うほどである。
圧倒されながら暫し眺めた後、
自家製の、甘めだがサッパリとしたソースをたっぷりとかける。
子どもの頃、母親に、「そんなに沢山ソースをかけなさんな」、
とよく叱られたものだが、このソースならたっぷりで正解だ。
きっちりと下味を付けられ、旨い肉汁たっぷりでありながら、
サッパリ、サクサクと食べられるチキンカツは、
あっという間に腹の中に収まってしまった。
普段、お昼には、あまり店の方に声をかけない私だが、
勘定の際、自然と「美味しかったです」と言葉が附いて出た。
それほどに味、量、共に大満足の昼飯となったのである。
これで1,000円とは、本当に有難い。

次に伺う時には何を選ぼうか。
大エビか、コロッケか、今から迷うところだ。
折角だから、やはりヒレカツも捨てがたい・・・。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「とんかつ睦巳」、本当におススメです。
お試しください。

八間通りの名店、またご紹介したいと思います。

お楽しみに!

« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ひさの矯正歯科・院長 久野昌隆

ひさの矯正歯科
院長 久野昌隆
http://www.hisano-ortho.com/

【学歴・職歴】
昭和63年
長崎大学歯学部卒業 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第1講座専攻生過程入学(三浦不二夫教授)
平成4年 医員 採用
平成8年 文部教官 助手 採用
平成10年
卒後教育担当(矯正歯科 ~平成13年3月まで)
平成12年
医局長 (~平成14年3月まで)
平成12年
東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校 非常勤講師 併任
平成13年
東京医科歯科大学歯学部附属歯科衛生士学校 非常勤講師 併任
平成14年 講師 昇任
平成14年
卒後教育担当(矯正歯科 ~平成16年3月まで)
平成15年
矯正歯科外来 外来医長 (~平成19年3月まで)
平成17年
矯正歯科外来 副科長  (~平成19年3月まで)
平成18年 助教授 昇任
平成19年 准教授
平成20年 東京医科歯科大学 退職
平成20年11月
ひさの矯正歯科 開設