«  2010年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年3月30日

 閲覧して下さっている皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

しばらく寒い日が続いていますが、
今日はよい天気になりました。
桜の満開も近いでしょうか。

お昼ごはんを食べようとクリニックを出て
千歳烏山駅の向こうを線路伝いに自転車に乗っていましたら、
久しぶりに富士山が綺麗に見えました。

ちょうど京王線が来たところでパチリ。

FUJISANN1.jpg

携帯のカメラなので画像が粗いですが。

これだけきれいに富士山が見えるのは珍しいですね。

子どもの頃(昭和40年代)には、
小学校の行き帰り(調布市立上ノ原小学校です)、
まだ開通していなかった中央高速の上に架けられた
陸橋の上から、よく富士山を眺めてました。

あのころと大きさは変わらない(あたりまえ)
はずですが、今日はなんだか大きく見えました。

このまま暖かくなると良いですね。

2010年3月24日

 閲覧して下さっている皆さん、こんにちは(^^)/
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

今日は雨になっちゃいましたね。
寒さが戻り、なんだか寂しいです。

 笹塚に引っ越して2週間余りが経ちました。

仕事があるのでなかなか近所を探索する時間がありませんが、
この3連休で少しウロウロしてみましたら、
おススメのラーメン屋さんを見つけました。

fukuju1.jpg

これは渋い・・・

笹塚駅から北へ行き、甲州街道、水道道路を超えて
十号坂商店街を下った角にあります。

「中華そば 福寿」さんです。

古い家屋にレトロな感じをコンセプトに作った
お店かと思いましたが、勇気を出して暖簾をくぐると、
そこは本物の昭和の世界。作り物ではありません。
調べてみると戦後間もなくの開店で
その歴史は60年以上にもなるとのこと。

外からはわかりませんでしたが、
常連さんらしきお客さんが沢山入っていました。
年配の大将が1人で切り盛りされています。

ラーメンは昔ながらの東京スタイルの醤油味。
小さめの器が、昔、おやつ感覚で食べていた
ラーメンを思い出させます。
細いちぢれ麺に鶏がら?のダシの効いたスープ
がよくマッチしていますよ。
しかも、ラーメン500円!安い!

ご飯ものや餃子などはないシンプルなメニューですが、
ワンタンも美味しそうでした。
この次は試してみよう。

駿台交差点近くにあって、だいぶ前に閉店した「ピカ一」以来、
久しぶりに昔ながらの美味しい東京ラーメンを見つけて
嬉しくなった3連休でした。

2010年3月15日

今日は連続更新です。

実は3月7日に13年間住み慣れた世田谷区役所の近くの家から
同じ世田谷区内ですが、北沢に引っ越しました。
13年同じ所に住むのは、これまでの人生で最も長い期間
であったので、寂しさもありますね。

新しい家は京王線の笹塚駅の近くです。
文京区の学校に通う子どもの通学時間を短縮し、
なおかつ私の千歳烏山の医院にも
通勤しやすい場所と云うことで、
笹塚に落ち着いたのでした。

笹塚って、都会ですね。
朝、改札を出てくる人が多くてびっくり。
私は下って千歳烏山に向かうわけですが(^^;

駅までの途中に玉川上水があります。
景観保護?のために以前からの状態が維持されています。

そこでかめを発見。結構大きいです。
体長20センチ以上はありそう。

turtol1.jpg

携帯で慌てて撮ったのでピンボケ気味ですが。

最近の陽気で冬眠から目覚めたようです。

カモやハトは見かけていましたが、
かめ君はちょっと珍しいでしょ。

このままどんどん暖かくなると良いですね。

閲覧して下さっている皆さん、こんにちは。
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。
ずいぶんと暖かく、春らしくなってきました。
花粉が飛んでいるようでもありますが・・・鼻水が・・・

 さて、以前にお伝えした、バイオリンのコンサートに
行ってまいりました。
といっても、会場はすぐ傍のカフェギャラリー「出」なんですが。

consert1.jpg

竹原久美子さんと奈津さん母娘バイオリニストによる
デュオコンサートです。
中学2年の娘と、台湾から診療見学の先生も一緒です。
まずは会場のカフェでコーヒーと美味しいチーズケーキ
をいただき・・・なんだか優雅で日常を忘れますね・・・
会場は満員御礼!演奏するスペースがないっ!
と思いましたが、コーヒー&ケーキが終わると
テーブルが片付けられ、バイオリニストのお二人入場でした。

難しいことはよくわかりませんが、
日頃経験することのないプロのバイオリン演奏を
間近に聞くことができて感動でした。
何の脚色もない、本当の生演奏って、
演奏者の息づかいや感情移入が伝わってきて
心に響くんですね。

素晴らしい演奏を有難うございました。

2010年3月10日

閲覧して下さっている皆さん、こんにちは!
世田谷区千歳烏山ひさの矯正歯科の久野昌隆です。

寒いですね~。昨日の雪は大丈夫でしたか?
もう3月も半ばにさしかかるというのにびっくりですね。
早くポカポカ陽気の日が続くようになって欲しいものですね。

 さて、当院も早いもので開院して1年と4カ月が過ぎました。
この間、お世話になりました各方面の皆様に心より
感謝申し上げますm(_ _)m

先週、記念すべき当院で矯正装置撤去第1号の患者さんが
いらっしゃいましたのでご報告します。
これまでも、入れ歯を入れたりといった他の歯科治療の
一助として矯正治療を行った方には、
既に治療を終えている方もいらっしゃいましたが、
本格的矯正治療を受けられた方としては初めてとなります。

00005asokumen1.jpg 00005bsokumen1.jpg

口腔内写真 左:矯正治療前 右:矯正治療後

00005aprofile1.jpg  00005bprofile1.jpg

口もとの写真 左:矯正治療前 右:矯正治療後

気にされていた前歯のデコボコと口もとの出た印象を
改善することができました。
噛み合わせも理想的な状態になっています。
上下とも左右の小臼歯を抜歯させていただきましたが、
治療期間は14カ月で終了することができました。
お願いしたとおり、装置や口の中にかけるゴムなどを
使って下さったことも良い結果に結びついたのだと思います。

良い歯ならびと噛み合わせ、綺麗な口もとで、
新生活を楽しく満喫していただきたいと願っています!
おめでとうございます!
今後は、後戻りが起きないよう、マウスピース
(リテーナーと云います)をよく使って下さいね。
これからの自己管理が大切なんですね。

当院では、この患者さんのように、これまでの常識を
打ち破るような短期で良い治療結果に導く方法を確立すべく
日々努力していきたいと考えています。

※写真についてはご本人様の承諾を得て掲載しております。

2010年3月 1日

 最近、難しい状態の患者さんを拝見した。
奥歯の噛み合わせは崩れており、
その改善は矯正専門医にとっても容易とは云えない。
この状態は自然には形成され得ない。
伺えば、床矯正の経験ありとのこと。
顎関節の症状との関連性も疑われている。

また、出っ歯に対して効果のありそうもない床矯正装置
を使用して、サンデーバイトを作られた子どもさんを拝見した。
サンデーバイトとは、いつもは出っ歯なのだが、
お休みの日などに外出先で写真を撮る際に
出っ歯をカムフラージュするために
下あごを一時的に前に出した位置をとることをいう。
その位置で咀嚼することなど出来るはずもない。
治療を担当した歯科医師に連絡をとったところ、
曰く「下あごを上手に前に出せるからいいじゃないですか」。
あきれてしまい、その後は話すのもイヤになってしまった。

床矯正装置により、どんどんと上下の歯列を拡げ、
出っ歯とデコボコの改善を図ったものの、
中途半端な結果に終わっってしまった方も、
現在当院で治療中である。

大学の勤務医時代には、他の歯科医院で
安易に床矯正装置で過大に奥歯を移動したがために、
歯ぐきからはみ出してグラグラになってしまい
抜歯せざるを得ない状態になった例も
拝見したことがある。

乳歯列や混合歯列(乳歯と永久歯が混じっている時期)の
子どもさんが、必要もなさそうな拡大作用のある床装置
を入れているのを拝見することも間々ある。
歯科では命に関わる疾病は少ないので
大げさと云われるかもしれないが、
最近報道を賑わせた、癌でもないのに肝臓切除手術を
行った病院・医師と本質的に変わらないのではないだろうか。

 我々矯正専門医でも、床矯正装置を使用することはよくある。
簡便であり、矯正治療の導入として
患者さんに受け入れて頂き易いからだ。
費用対効果も低くない。
しかし、床矯正での歯の移動・コントロールには限界がある。
歯には、見えている部分(歯冠:しかん)より、
数倍長い歯根(しこん)がある。
歯冠の一部分を押したり引いたりするだけの床矯正装置では
歯根の動きをコントロールすることは難しい。
また、歯のねじれ(捻転:ねんてん)を改善するのも不得意だ。
上下どちらかの歯だけを動かすのであれば、
噛み合わせをコントロールすることは出来ないことも多い。

だから専門医は、床矯正装置は簡便である故に、
その使用には一層慎重になる。
歯をならべるスペースの大きさ・動かしたい歯の位置や傾斜角
咬合状態・顎運動・咀嚼筋の機能・顎関節の状態・・・etc.
適用の限界をよく見極め、効果が出難かった場合の対処法や、
それに引き続く本格的矯正装置の使用について
前もって検討しておき、
患者さんの理解と承諾を得ることに心を砕く。

 矯正歯科治療を始めようとしている方、特に、
子どもさんにやってあげようとお考えの保護者の方には、
現在の症状・具体的な治療法・効果・長期的見通しなどについて
よく説明を求め、治療開始には慎重になっていただきたい。

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

ひさの矯正歯科・院長 久野昌隆

ひさの矯正歯科
院長 久野昌隆
http://www.hisano-ortho.com/

【学歴・職歴】
昭和63年
長崎大学歯学部卒業 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第1講座専攻生過程入学(三浦不二夫教授)
平成4年 医員 採用
平成8年 文部教官 助手 採用
平成10年
卒後教育担当(矯正歯科 ~平成13年3月まで)
平成12年
医局長 (~平成14年3月まで)
平成12年
東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校 非常勤講師 併任
平成13年
東京医科歯科大学歯学部附属歯科衛生士学校 非常勤講師 併任
平成14年 講師 昇任
平成14年
卒後教育担当(矯正歯科 ~平成16年3月まで)
平成15年
矯正歯科外来 外来医長 (~平成19年3月まで)
平成17年
矯正歯科外来 副科長  (~平成19年3月まで)
平成18年 助教授 昇任
平成19年 准教授
平成20年 東京医科歯科大学 退職
平成20年11月
ひさの矯正歯科 開設