2012年8月30日 « トップへ » 2012年9月 1日

2012年8月31日

矯正装置を着けたら、食べ物の制限はありますか?

歯の一つ一つにブラケットを付ける治療の場合、硬いおせんべいや飴、氷などを咬むと壊れてしまうことがあります。だんだんと装置に食べ物が当たらないように咬むことができるようになってきますが、治療を始めたばかりの頃は控えた方が無難です。

しかし、ある程度治療が進めば基本的に食べ物の制限はほとんどありません。当院の患者さんは、皆さんほとんど何でも食べていらっしゃいます。

外科手術が必要な矯正があると聞いたのですが......

外科的矯正治療は、手術で顎の位置や形を変えます。ですから、受け口の方の場合、歯並びはもちろん、下顎が出たり上顎が引っ込んだお顔の感じが改善されます。手術を行わない矯正治療だけでも受け口は治せますが、お顔全体の印象は変わりません。

もし、お顔の印象が最も気になっていることで、それを治したいというのであれば、手術をすべきということになります。受け口でよく食べ物が噛めないということであれば、矯正だけでも良いかもしれません。
当院では、保険適用の外科的矯正治療をお受けいたします。ご相談ください。


2012年8月30日 « トップへ » 2012年9月 1日


コールバック予約

PAGE TOP