トップへ » よくあるご質問 » 子どもの矯正について » 子どもの矯正の流れを教えてください。

子どもの矯正の流れを教えてください。

お子さんの矯正は、成長の過程を考慮した次の2つのステップに分けて行われます。

第I期 小学生の矯正治療
顎の形も大きく変わっていく育ち盛りの時期のお子さんにおいては、永久歯が生え揃っていない場合は、まず、顎の骨を正しく成長させ、歯をしっかりと支える土台としての機能を持たせる治療がメインとなります。また、歯並びや咬みあわせに悪影響を及ぼすクセ(習慣:舌を出す、唇を咬む、口で呼吸する、指しゃぶりなど)を修正できるのは成長期の早い時期です。

歯の土台を整えていくことで、将来的に抜歯しないで済む可能性が高くなります。大人と違い、小さなお子さんの場合は治療法もそれぞれ大きく変わりますので、ご不明な点などがあれば、お気軽にご質問ください。


第II期 中高生の矯正治療
中学生~高校生になると、歯と骨がしっかりしてくるため、大人と同じ矯正治療が可能になります。特に第I期で歯の土台をしっかり整えておくと、通常の大人の矯正よりも治療期間が短く済むというメリットもあります。


トップへ » よくあるご質問 » 子どもの矯正について » 子どもの矯正の流れを教えてください。


コールバック予約

PAGE TOP