トップへ » よくあるご質問

矯正治療を行うメリットは?

矯正治療は審美性を改善する治療として認識されていますが、当院では、機能(咬む、食べる)を改善・回復することも重要な目的として捉えています。

矯正治療は、歯並びだけでなく噛み合わせを改善する
よくあるご質問美容的な観点だけでなく、お口の機能の問題点を改善する治療でもあります。噛み合わせは、美味しく食物を食べるためだけでなく、お口周辺にある顎関節や首、肩、腰などの健康とも密接な関わりがあることが解ってきています。

噛み合わせの問題に付随して、イビツで無理のある顎の運動や筋肉の働きをしていると、顎関節症(がくかんせつしょう:顎に痛みや疲れ、動かしにくいなどの問題があること)や肩こり、姿勢のゆがみが生じる危険性が高まります。

いま虫歯があります。一緒に虫歯の治療はできますか?

まず、虫歯治療を行う必要がありますので、一般歯科医院をご紹介します。また、虫歯が見つかった場合、矯正装置を付ける前に虫歯を治療する必要があります。

当院は矯正専門の歯科医院であるため、虫歯治療は行っておりません。患者さんのかかりつけの歯科医院あるいは、当院が信頼できる歯科医院をご紹介して先に治療していただきます。抜歯に関しても同様です。

当院で虫歯治療を行わない理由は、日々虫歯治療を行っている歯科医にお願いする方が、患者さんにとってメリットが大きいと考えているからです。同じ歯科医でも専門性に違いがあります。

治療内容によって、その道のプロにお願いすることが、患者さんにとって最善の治療法だと思います。内科の専門医が心臓外科手術を行わないことと同じだとイメージしていただければわかりやすいかと思います。

矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......

治療上必要があれば抜くことはあります。

できる限り歯を抜かないで治療することは、矯正医も患者さんも気持は同じです。顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合は、顎の大きさを横に拡げ、歯を後ろに動かすことで隙間を作ることができる場合は、歯は抜く必要がありません。

しかし、隙間を作れなかった場合や、お口元が前に出ているのを改善したい方は、抜歯が必要な場合もあります。

治療期間と通院間隔はどれくらいですか?

治療の難易度、歯の動き方の個人差にもよりますが、通常の治療方法で平均1半年~2年が一般的な治療期間です。通院ペース1か月に1回が平均的です。

治療中に引っ越した場合は、どうすればいいですか?

当院へ通院していただくことが不可能な地域への引っ越しでしたら、引っ越し先近隣の矯正歯科医院への継続治療の依頼をしております。

治療中の痛みはどの程度ですか?

痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると、歯の凸凹を治そうと持続的に歯に力がかかります。

歯が動くときには歯根の周囲で骨の改造現象が起き、それが痛みの原因となります。そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物を噛むときに鈍い痛みを覚えることがあります。

この痛みは数日で消退します。当院では、治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、強い痛みを感じることはあまりないでしょう。

痛みの感じ方には個人差がありますが、実際に当院に通院中の方の中には「ほとんど痛くないです。」と言われる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

装置が壊れたらどうすればいいのですか?

修理しますので、なるべく早くご連絡ください。矯正装置は入れ歯などと異なり、治療期間中にだけ効果を発揮して、治療後には外す器具です。そのため、強固に歯に固定することは出来ないので治療中に外れたり壊れてしまうことがあることをご理解ください。

いずれにしても装置が外れたり壊れたりした場合は、なるべく早くご連絡ください。次回のお約束日にでも大丈夫な場合と、至急修理する必要がある場合があります。

矯正装置を着けたら、食べ物の制限はありますか?

歯の一つ一つにブラケットを付ける治療の場合、硬いおせんべいや飴、氷などを咬むと壊れてしまうことがあります。だんだんと装置に食べ物が当たらないように咬むことができるようになってきますが、治療を始めたばかりの頃は控えた方が無難です。

しかし、ある程度治療が進めば基本的に食べ物の制限はほとんどありません。当院の患者さんは、皆さんほとんど何でも食べていらっしゃいます。

矯正装置を着けたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

できますが、注意が必要な場合があります。まず、トランペットのように唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器は、表側に矯正装置が着いていると痛いことがあります。また、スポーツでは格闘技が要注意です。

こういった場合は、装置をガードする歯科用マウスピースを使って対応することができますので、治療前にご相談ください。

矯正治療中の歯磨きは大変ですか?

歯に何も着けない状態と比較すると歯磨きは大変になります。矯正装置を着けることにより、口の中の細菌が増えたり磨きにくくなるため、虫歯や歯周病といったお口の中の病気になりやすくなります。

治療後、元に戻ったりしませんか?

すべての患者さんで矯正装置を外した後に保定(ほてい)を行う必要があります。装置を外した後の歯は元の位置に戻ろうとしていますので、きちんと保定を行わないと歯が動き出します。

通常、この保定には保定装置(リテーナー)という後戻りを防止する取り外し可能な装置を用います。
この装置をきちんと使用することも矯正治療の大事な一部分です。歯の位置が安定してくれば徐々に使用時間を短縮し、装着の間隔をあけていきます。

保定装置を最低でも2~3年は使い続けることで、その後の正しい歯並びと噛み合わせを長く維持することができます。また、定期的な診察を受けることも大切です。

矯正の治療費も医療費控除の対象になりますか?

子どもの治療: 認められます。

大人の治療: 矯正治療を行う目的が噛み合わせや咀しゃく障害の改善である場合は認められる場合がほとんどです。
担当医に診断書を作成してもらい提出するとなお良いでしょう。

カテゴリー一覧

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

トップへ » よくあるご質問


コールバック予約

PAGE TOP