トップへ » よくあるご質問 » 子どもの矯正について

子どもの矯正治療が必要かどうか?

子どもの矯正治療矯正治療をするなら、なるべく子どもの内に済ませてあげたいと思う親御さんは多いでしょう。子どもの内から矯正治療を始めるメリットも確かにありますが、治療を始めるベストなタイミングというのはやはりケースバイケースです。

当院は、無理に早い時期から矯正治療を始めることはあまりしません。もし治療が必要でなければ、必要ないことをしっかり伝えて親御さんの不安を取り除きます。

セカンドオピニオンも行っています
他院での診断に疑問をお持ちのご家族でも、セカンドオピニオンとして当院の診断を受けていただくことも可能です。お子さんの歯の状態をしっかり診させていただき、「こういう状態になってきたら危ない。」「こういう発育をした場合は大丈夫。」というアドバイスをさせていただきます。

お子さんの矯正治療を始めるタイミングは?

お子さんの矯正治療を始めるタイミングは個々の症状によって変わってきますが、当院の場合、最も早いものでも、はえかわりによる自然治癒を望むことができなくなった6、7歳から始めます。

この年齢はちょうど、前歯が乳歯から永久歯への生え変わる時期であるため、早期の矯正治療を検討するには、一番良い時期といえます。また、顎の成長・発育のスパート(通常10才頃~)に入る前から治療開始すると、より効果が上がることが期待できます。

稀に前歯の乳歯が残っている時期から治療を開始した方が良い場合もあります。いずれにしても、お子さんの歯並びにご不安をお持ちの親御さんは、早めに専門医の診断を受けることをおすすめいたします。

子どもの矯正のメリットは?

子どもの矯正矯正治療は数年に渡り定期的に通院する必要があるため、社会人のように時間的な制約が多い方よりも比較的時間に自由度があるお子さんの方が治療を受けやすい環境にあります。

また、何よりも顎骨の成長をうまく治療に活用すれば、歯が動きやすいだけでなく、効率的かつ最良の治療結果が得られます。また、永久歯の治療に移行する際、治療期間が短縮し、抜歯しないで済む可能性が高くなります。

子どもの矯正の流れを教えてください。

お子さんの矯正は、成長の過程を考慮した次の2つのステップに分けて行われます。

第I期 小学生の矯正治療
顎の形も大きく変わっていく育ち盛りの時期のお子さんにおいては、永久歯が生え揃っていない場合は、まず、顎の骨を正しく成長させ、歯をしっかりと支える土台としての機能を持たせる治療がメインとなります。また、歯並びや咬みあわせに悪影響を及ぼすクセ(習慣:舌を出す、唇を咬む、口で呼吸する、指しゃぶりなど)を修正できるのは成長期の早い時期です。

歯の土台を整えていくことで、将来的に抜歯しないで済む可能性が高くなります。大人と違い、小さなお子さんの場合は治療法もそれぞれ大きく変わりますので、ご不明な点などがあれば、お気軽にご質問ください。


第II期 中高生の矯正治療
中学生~高校生になると、歯と骨がしっかりしてくるため、大人と同じ矯正治療が可能になります。特に第I期で歯の土台をしっかり整えておくと、通常の大人の矯正よりも治療期間が短く済むというメリットもあります。

カテゴリー一覧

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

トップへ » よくあるご質問 » 子どもの矯正について


コールバック予約

PAGE TOP