トップへ » 当院の5つのこだわり » 目立たない矯正 » 裏側矯正を考える前に、ご注意いただきたいこと

裏側矯正を考える前に、ご注意いただきたいこと

目立たない矯正治療中、矯正装置やワイヤーが目立たないということから、裏側矯正を希望する患者さんが増えてきました。もちろん当院でも、裏側矯正による治療の用意はあります。

しかし、簡単な症例であれば裏側矯正、マウスピースなど、どんな種類の方法をとっても、結果に大きな差はありませんが、難しい症例をより効果的に矯正する場合、治療手段を限定することなく、表側にも装置を付けて治療するべきと考えています。


裏側矯正をする前に
費用対効果は十分か、治療期間は延長するのか、1回の治療時間などについてよく見極めていただいたうえで治療をご検討していただくことが大切です。

【裏側矯正のメリット】
・矯正装置や付属器具は表に出ず、目立たない。

【裏側矯正のデメリット】
・表側矯正に比べると装置が邪魔し、話す・食べるがやや困難になる。
・表側矯正よりも時間と料金がかかる傾向がある
・難しい症例では最良の結果が出ない場合がある。


重要なことは、裏側か表側かということではなく、患者さんにとって何がベストかということです。当院では、患者さんに合わせた、きちんと治す治療をさせていただきますので、まずは一度ご相談ください。


トップへ » 当院の5つのこだわり » 目立たない矯正 » 裏側矯正を考える前に、ご注意いただきたいこと


コールバック予約

PAGE TOP