トップへ » 当院の5つのこだわり » 治療期間について » インプラントアンカーによる治療

インプラントアンカーによる治療

治療期間歯の欠損を補うために施されるインプラント治療と同じ原理を応用し、矯正治療の期間中、小さなネジを口の骨の中に埋入する方法です。

骨に固定されているネジの「動かない」という利点を活かし、歯を引っ張るための支柱として利用します。従来の歯と歯を相互に引っ張り合う方法では、双方の歯が動いてしまうため、より大幅に動かしたい歯が十分に動かないといったことが起こりますが、インプラントアンカーによる治療によって、対象の歯を予定通りに動かす確実性が増しました


インプラントアンカー使用のメリット
・治療期間が短縮される。
・矯正装置がシンプルになる。
・不動の支柱が確保され、難しい治療を成功させやすくなる。

インプラントアンカー使用のデメリット
・インプラントを埋入するための処置が必要になる。
・ネジが骨から外れた場合、違う部位に再度埋入する必要がある。


トップへ » 当院の5つのこだわり » 治療期間について » インプラントアンカーによる治療


コールバック予約

PAGE TOP