トップへ » 当院の5つのこだわり » カウンセリング » 装置を外す根拠もしっかりした診断に基づいて

装置を外す根拠もしっかりした診断に基づいて

カウンセリング患者さんからよく「いつになったら装置を外せるのか?」といった質問をいただきます。患者さんの負担を軽くできるという観点からいえば、治療期間の短縮は決して悪いことではありません。

しかし、矯正歯科医が治療期間を短くすることばかりに目を向けてしまうと「それは本当に治療を終えていい状態なのかどうか」分析と判断に不足が生じます。


治療前だけでなく、治療中や完了する前に検査を
治療を始める前には、どんな矯正歯科医でも検査結果に基づいた判断で慎重に治療計画を立てると思いますが、治療中や治療が完了する前に検査をきちんと行い、経過と結果をしっかりと把握した上で、治療を完了することも重要なことです。
客観的な視点で「本当に外してよい状態」であるかを見極めることができるか否かが、矯正歯科医の質を決めるといっても過言ではありません。


トップへ » 当院の5つのこだわり » カウンセリング » 装置を外す根拠もしっかりした診断に基づいて


コールバック予約

PAGE TOP