トップへ » 当院の5つのこだわり » 症例集

症例集

子どもの症例
大人の症例

 

過蓋咬合(咬み合わせが深い)

過蓋咬合過度に噛み合わせが深い状態のことを指します。上顎の歯肉が見えやすかったり、下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷付けるといった問題があります。

大人の過蓋咬合症例


 

上顎前突(出っ歯が気になっています)

上顎前突上顎が前へ飛び出している状態のことを言います。歯のみの場合と、上顎全体の場合があります。

大人の上顎前突症例


 

反対咬合(受け口で悩んでいます)

反対咬合噛み合わせたときに、上の歯よりも下の歯のほうが前へ出ている状態のことを言います。この場合、食べ物をしっかり噛めなかったり、聞きづらい言葉になってしまいます。顔つきにも影響が出てしまうため、引っ込み思案など、性格に影響を与える場合が少なくありません。

大人の反対咬合症例

 

叢生(歯がデコボコ...)

叢生顎に対して歯が大きかったり、顎が狭かった場合、歯が並ぶためのスペースが無くなってしまい、デコボコになってしまいます。これを叢生(そうせい)といい、八重歯もこの症状の1つです。

大人の叢生症例

 

開咬(前歯がうまく閉じられない)

開咬口を閉じた状態でも、歯が噛み合わない状態です。噛み合わないため、食べ物をよく噛めなかったり、うまく発音できなかったりします。

大人の開咬症例


 

正中離開(すきっ歯で悩んでいる)

正中離開歯と歯が離れ隙間ができてしまっている状態です。多くの場合は前歯2本のあいだに隙間がある状態のことを指します。

カテゴリー一覧

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

カウンセリング(2,100円)をおこなっております

トップへ » 当院の5つのこだわり » 症例集


コールバック予約

PAGE TOP